Our Business
私たちの仕事

リカレント人材トーク「学習=継続=楽しい=未来の自分!」

データ活用教育

データ分析に係る人材へどんな人がどういう道のりで達成しているのでしょうか。
そんな道のりを当社社員が語っています。
一朝一夕には到達しませんが、心構えとして参考になることもあるのではないでしょうか。

私の学習慣

皆さんにとって学習とはなんでしょうか?
知識を蓄えること?
知識が豊富なことは素晴らしいことですね。
しかし知識は、知恵をもって利用しないとその価値は発揮できません。
知恵を使えば点や単なる線である知識を、複雑な立体にもできます。
その知恵を得るのが学習であると思っています。

さて、学習に大切なことは"継続"です。少なくとも私はそう思います。
「そんなに勉強することがあるの?」「必要になったら必要なことを勉強すれば良いじゃん」
ご意見御尤もです。斯くいう私もそのひとりでした。
しかし、毎日続けることで学習内容が頭に染み込んで「身についた」と実感できるようになります。
毎日なんて、辛いですよね?面倒くさいですよね?忙しくて時間がないですよね?
でも、辛い時はたった10分でも構いません。"継続"することが重要なのです。
始めのうちは"我慢"も必要かもしれません。

■動機付け(モチベーション)
"継続"するためには自己動機付けが重要になります。
他者からの外的コントロールでは、"継続"することは難しくなります。
「この学習をすることで欲求充足できる。自分にとって都合の良い未来が待っている」と思えることが重要なのです。

■阻害要因
"継続"を阻害する要因として「理解が追いつかない」ことが挙げられます。
これは、自分のレベルを把握していないまま、高レベルの教材を選んだ恐れがあります。
自分に合った教材がわからない場合、「既に理解できている」レベルのものから始めることをお勧めします。
私は、理解が追いつかなくなった時「既に理解できている」レベルにまで遡って学習し直したことで挫折を免れた経験があります。

■教材
学習に利用する教材ですが、私はビデオ教材をよく利用します。
任意の時間、場所で視聴できる上に、再生を止めたり巻き戻したり、何より実際に動くものを見た方が直感的だからです。
書籍も利用しますが、ビデオ教材の方が安いか無料の場合があります。
ビデオ教材のなかには、内容を最新に更新してくれるものもありますので、その点でもアドバンテージがあります。

■時間帯
学習を行う時間帯ですが、私は朝学習を行なっています。
セミナーやスクールの類は夜間に多く、残業など不確定要素があるからです。
通勤時に乗換えが極力少なく且つ時間のかかる経路を選んで移動中に学習するか、
1時間程度早く出社し休憩場所等で学習したりしています。
通勤時間を早めると、空いているし不測の事態にも対応できるのでお勧めです。

■最後に
現在では、多様性の重要度が増し、専門知識だけでは乗り切れない場面も多々見受けられる様になりました。
今まで役に立たなかった知識が、別の角度から見ると役に立つことがあるかもしれません。
学習を継続することは、新しい何かを見つける方策となるでしょう。
いろいろ書きましたが、私が学習を継続できている最大の理由は「楽しい」と思えるからだと思います。
知らなかったこと、そうなんだって発見すること、手本は〇〇だけど、△△にしたらこうなった等々、楽しいことが多いです。
些細なことで苦しいことが楽しいことに変わり得ます。皆様の周りにもそんな何かがあることを祈ります。

先端ITコンサル

グループ全体の事例を駆使し、企業の目的に沿った効果的なデータ利活用環境を提案します

DX人材支援

データ利活用等の実践経験をもつ当社IT人材が、業務に寄り添いプロジェクトをお手伝いします

データ活用教育

不足する先端IT人材を育成するため、データ活用分野での実践教育をユーザ向けに実施します

DX移行

DX戦略、働き方改革等、デジタルを活用した企業の変革ストーリーを描くご支援を行います

会社ぶろぐ

私たちの日々の様子、こぼれ話やビジネスエピソードをブログ形式でお伝えします

Page Topへ

お問合せはこちらから